ワーキングホリデーで海外での学びと就労に機会を得る

ワーキングホリデーという制度は、名前の通り働くことが許されている自由時間というものです。

具体的には、海外での教育を受けるなどの目的で渡航し、現地で働きながら生活費を稼ぎ長期間滞在するという制度です。
二国間で合意がされてワーキングホリデーのビザが発給される仕組みになっています。
単純な教育目的のしての留学との違いは、就労によって長期間滞在が可能になるということでしょう。

他のビザの場合は滞在可能期間も短いですし就労は許されません。

カナダ留学の相談情報は初心者にも分かりやすいです。

日本は、古くはオーストラリアやニュージーランド、カナダとこのワーキングホリデーの関係を作り、その後、ヨーロッパの各国や韓国、台湾、香港と関係を広げてきました。

Yahoo!知恵袋の最新情報が知りたい方にはこちらです。

学生以外でも使える制度ですが、日本国籍であることや18歳以上30歳未満等の年齢要件が問われる制度です。
若い人が海外での長期滞在を経験し、お互いの国の文化などを深く理解することが制度の目的です。



しかし、利用者としては海外で勉強したいという教育目的や海外で働く体験がしたいという就労目的でこのビザを取得することが多いでしょう。


注意点としては、就労してお金が稼げるといっても学費や生活費をすべて現地の就労で確保するのは一般的には難しいという点です。そのため一年間の滞在で必要となる金額の半分などある程度まとまったお金を貯めて現地に持って行くことも必要でしょう。

この制度を有効活用して自分の人生の可能性をひろげることができればワーキングホリデーに行ったことがプラスになるでしょう。